1037

去年の冬 無色透明の湯舟 浴室は白く清らかでなければならない 爆発するだろうか?桃色の重層は泡を弾けさせながら ゆるやかに溶けた 眠れよ 愛と現の狭間で