1258

空の色が紫に燃えているのは 夏の青さと燃え上がる太陽が交じり合っているからなの 生まれたばかりの入道雲はすぐに大きくなり わんわんと泣き出す 大粒の雨に打たれた背の高い向日葵は風に吹かれて 折れて わたしの目線にまでその頭を垂れている 土に水が滲んでゆく匂い 残った陽射しの温度