1307

歳をとるのは嫌だった というか 何者にもなれないまま大人になるのが怖かった おおきなことひとつも成し遂げられないまま ぼんやりと生きてきて わかったことは 仕事のあとにつまむ烏賊の塩辛や鰊の酢味噌和えが日本酒にとてもよくあい なんとも美味いということだった