6

灯りを消した窓の無い部屋のなかに闇は無限に広がり、ひやりとしたシーツの奥に足を滑らせながらあなたはまるで「おやすみ」と言うように「愛してる」と囁く
Remove all ads