61

通り過ぎてゆく光が幾千本もの線に見える

眠らない街で あなたの瞳はいつも穏やかだった
刺激だけが愉しみになって久しい
Remove all ads