166

歌わない午後に眠る 風の生暖かさ 鏡に映るのは わたしではなく あの人だった

Remove all ads