172

君の顔を忘れないだろうきっと 何度も思い出すだろう ずっと 唇は柔らかで少しだけ乾いていた 或いは湿っていた それは夏の仕業だ 夕立に遭い 稲妻に撃たれた所為なのだ

Remove all ads