183

まだ幼いとき 家の近くで山が燃えた 晴天が続き乾いた樹々は轟々と燃えて 消防は駆けつけたものの どうにもならなかった 翌朝 山は黒く焦げた斜面になっていた どうにもならなかった
Remove all ads