199

ブラックでもシュヴァルツでもない ヌワールという その黒は あまりにも成熟していて 神秘的な清らかさだった


合成された香りは 花束になる 金色のリボンを飾り幾千万もの花で創られた 花束の香りを纏って あなたに会いにゆきたい
Remove all ads