Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

260

もっと もっと深いところまで 埋められたら良いのに 痛みもないから わたしは泣く機会も無い
f:id:mrcr:20151101215446j:plain 


Remove all ads