266

燃え上がる一晩限りの情熱の連続で あなたの生涯とはつまり 炎に包まれていた なんて美しいんだろう 肉体が燃え尽きて 灰の中から金剛石が拾い出され その永遠なる輝きこそが あなた自身だったというのに
Remove all ads