272

新しい上着は別珍の襟 毛皮で作った帽子かぶり 枯葉が浮かぶ湖のほとり 歩く 午後の陽射し 春に似たひかり 狐の嫁入り それはおまえ 修羅の涙
Remove all ads