Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

587

恋は水色で 水色はシャガールの描く空で 空は果てしなく高くて 彼女は季節外れの積乱雲 稲妻みたいに速くて 台風のように激しい 旋風が黄金色に輝く田園を駆け抜けたあとを見たことはある?
Remove all ads