Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

701

晴れ間に窓を開け 白い雪で埋もれたベランダに立つと 柔らかなパウダースノーの下は氷 裸足の指が濡れる 凍てる 震える 太陽の光が眩しい 凍った湖のほとりでは火を焚いて 全身で自然の恵みを感じて過ごしたものだった
Remove all ads