Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ヴォトカ流れる河のほとりで

Das Tagebuch der Lily Mercury

811

音楽は苦手だけど好きだ 大きな声で歌えば褒められるころまでは良かったけど 楽譜が読めなくて 覚えるのも出来なくなってから てんで駄目になった 三角比の定理や 物質の熱量について結局理解することはなかったみたいに 16ビートが何か未だにわかっていない でも好きなリズムというのがあって 聴くととても気持ち良くなれる 身体を揺らしながら 眼を閉じ 溢れる音の海で溺れるという快楽 自分で演奏出来たらもっといいのかもしれないけど ミラーボールが回るフロアで両手をあげて踊るのが好き キスするくらい近くまで顔を近づけて 女の子同士で話すのは 内緒話をしてるみたいだけど とても大きな声で喋ってるからそうじゃない 「だいじょーぶ?」「ぜんぜんヘーキ」 汗だくになって笑う夜の速さはBPM180くらいなんだと思う きっと

Remove all ads