928

蝉はもう一匹も鳴いていない この辺りはアブラゼミしかいなかった ビルの間に僅かに残った空き地から生まれて 死んでいったのだろうか 夏の終わりに秋が訪れることに いつまで経っても慣れることが出来ない