954

灼熱の大地に降り注いだ あの暴力的なつよさの風雨を 激しい稲妻を 通り過ぎていったあとに残された水浸しの道路を ほとんど忘れかけていて どうして橋が渡れなくなったのか 門扉は永遠に閉ざされることになるのか やがて誰も知らない日がくるのだろう

切通しは埋められて もうどこにも通じることはない あちらもこちらも 河岸に咲く曼珠沙華

Remove all ads