1194

意識を無くすほど眠い うとうと揺れるどころじゃない 一気に潮の流れに呑まれて深いところまで沈んでしまう 考える暇もなく次に眼を開いた途端に時計の針がぐるりと回っているのだ 夢は見なかった