1250

見慣れているようで やはりこの景色を知らない 遠くまで広がる黄金色の畑と澄んだ空の色を 猛スピードで走り抜けてゆく 夕暮れ時の風を 土に残った太陽の温もりを 刈り取られた草からたちのぼる青くさい匂いを 知らないし 忘れる

f:id:mrcr:20180718194126j:plain