976

前髪が伸びてきたので美容院の予約を考えながら ふと 自分で切ったのはいつが最後だっただろうと思ったが思い出せなかった 女給を勤めていたころ 眉の上で切り揃えた髪を見て あの有名な女優のようだと褒めてくれたやさしい調理長 今度切るときは俺にやらせてと言ってきた総括のことは覚えているのに

Remove all ads

975

憂鬱な時代の夢を見ていた 色彩はあるのにすべてが白黒テレビの画像のように見えて 何もかもがソリッドであるのに触れることも掴むことも出来ない 雲のように

手に入らないこと それ自体が気持ちを高揚させる むしろ所有することは厄介なものなのだ 手間暇をかけて愛でるというのは簡単なことじゃない

Remove all ads

974

雨の庭に金木犀が香る朝 今年も花を摘まなかった

 

あのひとは知らない国で 今でもいい加減に生きているのだろうか 誰もあなたを知らない国へ行ってしまって そこでも知られたひとになったなら また何処かへ去ってゆくのだろうか 大して深くもない 些細な傷をあちこちに遺しながら 次はどの街の女と寝るのだろう それはもう時代遅れだと気づきながら あのひとは他にどうしようもないのか

Remove all ads

973

牡蠣を買った ケルキパの海で採れたらしい どれも丸々と肥っている 今夜は魚にしようか肉にしようかと眺めていたら鮮魚店の女が焼いて半分に切ったのを食べさせてくれた 磯の香りと牡蠣特有のまろやかな味わいがひろがり 朝陽が昇るケルキパの穏やかな海が眼に浮かぶようだった 女曰く ちょうどいい時期に収穫したのを とっとと蒸して冷凍したのを出してきているそうだ 昔では考えられなかったことだろう 技術の進歩は日々目覚ましい わたしはその牡蠣を 昔ながらの方法で蒸して食べた 蒸し器を入れた鍋の底には ケルキパの海岸に似た香りがする白濁した水が残った

Remove all ads

972

薄い紙で指先を切ってしまった 紙に触れた瞬間に あ これは切れるなと思うことがあるけれど 止められた試しがない 切れるなと確信した途端にもう鋭利な刃物が滑ったように すぅと皮膚に赤い線が走っているから

少し厚手の紙ならどうなるか? 切れないわけではない 切れるときには切れるから 傷が少し深くなるのだ 薄い紙で切ると痛いとはいうが これはこれで当然痛い

 

そして傷を保護するというより 血が周りにつかないために絆創膏を貼るのだが これがまた大抵関節や指の腹なんかで巻きにくかったり 取れやすかったりする 些細なことでも傷むし不便なものだと思う ただとぼけた亀の絵が描かれているので眼に入るたび楽しい気持ちにもなる 可愛い絆創膏は絶対に指先につけるのがいい

Remove all ads

971

世界の終わりを夢でみるときはいつも俯瞰 はじめは逃げているはずなのに 気がつけば高いところから地上を見下ろしている 死がそのようなものであるとしたなら なんとなく悲しいと思う 眼の前の景色から遠ざかりながら意識を失くし 永遠に戻ることが出来ないということは心細く 恐ろしいことだ 不確かな救済があることだけを祈って

Remove all ads

970

不確かな夢の続き 赤い花も 赤いスープも 血のようだと言われるが わたしはそれらを好んでいる

望んで名乗ったわけでもなく その姿から名付けられただけで 名前の音の悪さから忌み嫌われることの理不尽さを忌々しくおもう 赤い花がどれもこれも炎のようだとは事実とて燃えるわけでなし 竃に入れても燃えないと言われる木の実のはなしは好きだけど

f:id:mrcr:20171011183341j:image

Remove all ads

969

遠くで緑色のひかりが点灯しているのを確認して 暗い水面へ舟を走らせた 果たしてそれは正解であったのだろうか?

 

空腹が思考を停止させるので わたしは自分を甘やかす 他に誰も気を使ってはくれないのに 他に誰がそんな嫌な役をするの ひとりで消化しなくては そんなことくらい

 

Remove all ads

968

セロリを煮込む わたしはセロリが好きだし 夏が駄目だったりするから 歌いながら煮込む 意味も知らない異国の歌を あなたはそれを嫌がる 育ってきた環境が違うものね 出来上がったスープを飲んでひとくち あなたは顔をしかめて もうなにも我慢する気もない

Remove all ads

967

突然「あんたは男を見る眼がないね」と言われて

「そうなんですよぉ」と曖昧に笑って答えたけれど

内心すこしも穏やかではなかった

どうしてそんなことを急に言われたのか

ろくに話したこともないのに 誰が話したんだろう

それ以前に 誰との関係について言ってるんだろう

考えてもわからなくて 笑って遣り過ごした

 

後から不意に思い当たる節があって

自分はほんとうに嫌な女だなぁとうんざりした

わたし 中身なんかないのに

外見だって張りぼてなのに馬鹿みたい

 

あんたも女を見る眼がないねぇ

Remove all ads