1107

遠方より友人来るとの報せを受ける 来月が待ち遠しい!

 

今日も昼食を食べなかった どうしても食べるのが面倒くさい時があるという 掃除や洗濯なんかは出来るのに 食事をとるのが煩わしいというのは一体どういうことなのだろう

 

美容院の予約

夫の制服を繕うこと

義兄夫婦の娘に雛祭りのお祝いを送ること

 

爪が少し伸びているので 切って磨くのを忘れないように

Remove all ads

1106

数年前 初めて本物のミモザをみたとき とても嬉しかったのを今でもよく覚えている 断食月のすこしまえ 砂埃が舞う乾いたアフリカの土地を訪れ そのホテルの近くに生えていたそれはまるで光の滝のように黄色く輝き 枝垂れていたのだ

 

突き抜ける高い空の青 ひんやりとした土の壁 シャンデリアが煌めく食堂では大きな蝿がぶんぶん飛びまわり 笑顔がすてきな背の高い給仕が果汁100%のフレッシュ・オレンジジュースを運んでくる(アルコールを控えていたので これしか飲むことが出来なかった!) それから旅行中 ほぼ毎日のようにプールで泳いだ そうするべきだと思ったから

 

当時わたしはミモザを伝聞でしか知らなかったので その愛らしい黄色の花がミモザである確信が持てなかった それからまた数年後に今度は日本の生花店の店先に並んだものを見て 同じアカシアの仲間であることがわかった 今年もひと枝手に入ったことを嬉しく思う

Remove all ads

1105

“Hello again” で憶えていた歌は “Alone again” の聞き違いだった なんとなく前後の流れからおかしかったけど あまり気にしていなかった そんなことあるはずないって思っていたから

Remove all ads

1104

前髪が伸びたので自分で切ってしまった 目に入らないようまっすぐ 眉と目の間に揃えて切るくらい簡単なことで どうしてそれが10代の頃には出来なかったんだろう 何十分も鏡とにらめっこして やっと鋏を置いたのにしばらくするとまた気になって絶対に満足しなかった

 

そういう年頃だったときがあったことを思い出した

 

Remove all ads

1103

K市のことはあまり好きではなかった これまでも これからも住みたいとは思わないし 用が無ければ行きたいこともないけれど 特別な街だった 他のどの街とも明らかに違いがあり そのことを誰もが知り 生まれ育った人々は誇りに思っている しかし世界中から多くの人々が訪れる古い寺院があるとか 有名な老舗の料亭や百貨店があるとか 物質的なこと以上に 生活のなかに潜む繊細ななにかがあり それらはとても美しく ときに心を締めつけ ひどく感傷的な気持ちにさせたものだった あのひりひりとする痛みは他のどの街でも感じない 特別な感情だった

Remove all ads

1102

冷凍庫にアイスクリームがある しかもすべてハーゲンダッツ チョコレート味 彼はそれを暖房の効いた部屋で 夕食のデザートとして ソファに寝そべりながら食べている 贔屓のサッカーチームは今夜も負けてしまった 次の週末こそ巻き返さないと…

 

冷凍庫にアイスクリームがない この時期冷えるのに食べるのは良くないと母親が買ってくれないからだ 少女は学校のかえり 友達とコンビニへ立ち寄り雪見だいふくを買った 友達は寒ぅないの?と不思議そうに笑いながら豚まんを買った 寒いけど食べたかってん と少女が答えると 半分こせぇへん?と持ちかけられ 応じるとふたりとも楽しそうに食べさせあっている…

 

冷凍庫にアイスクリームがある 金曜日の冷凍食品セールで半額になっていたパルムだ 彼女は炬燵に入って食べることも出来たが 既に21時を回っていたので諦めた 美容と健康のため 22:15には眠り 朝の5時には起きることを心がけているからだ あと1時間のうちに入浴を済ませて床につかなければ…

 

冷凍庫にアイスクリームがない そもそも冷凍庫なんてものが無かったから 少年はかき氷だって食べたことがない けれども新鮮な果物と穀物だけはふんだんにあった 塩漬けな肉は年に一度 祭りの時に食べたくらい けれども少年はまだ未知なる可能性を秘めているので 将来 いくらでもアイスクリームを食べられるようになるかもしれないし 或いはもっと それよりもすてきななにかが…

 

冷凍庫のアイスクリームが消えた 誰かが食べてしまったらしい 盗られないよう名前も書いていたのに 信じがたいことだけど ここでは割とよくあることだったし 夜食用の弁当を食べられたひとに比べたらはるかにマシだった 昨日 有給を取ったわたしが悪いのだ 一昨日買ってきたときに食べておくべきだった…

 

 

冷凍庫のなかにあなたはいない アイスクリームはありますか どうにでも

 

 

 

Remove all ads

1101

愛するひとは今日もラジオの傍に置いたロッキンチェアに身を委ねながら 懐かしの名曲を楽しんでいるだろう 暖かい部屋のなかで 窓の外に見える景色が美しくありますように

Remove all ads

1100

目標も目的地もないから回り道も寄り道もない わたしは世界の果てで かつてあなたと過ごした日々の断片を夢にみる 小鳥を殺さなかった 籠のなかに閉じ込めることも 羽根をむしることもしなかった霙が降る午後 また何処かで出逢うだろう 放浪する旅人は港を求めて彷徨い続ける運命にあるけれど わたしはここにいるから

f:id:mrcr:20180218203251j:image

Remove all ads

1099

アナ・ウィンターに憧れてベージュのエナメルパンプスを履けば 春が来るような気がしたので探しに行ったけれど やっぱり似合わなかった なぜだかわからないけどどうしたって似合わないので また黒いエナメルパンプスを買ってしまった きちんと爪先が尖り 踵は5cmの高さがある 飾りはなく ソールの色は黒 このかたちが一番好き こどもが絵に描くような どこにでもありそうなパンプス ありきたりな形 値下げされにくい黒色 足に合う靴を探すのはほんとうに骨が折れる

Remove all ads

1098

明日は帰りにバケットミモザを買いに行くこと 忘れていなければ バスに乗る前にバスの回数券を買っておくこと 届かない郵便物を探してもらうこと

 

嘘みたいなカップルが車内で囁きあっている それはつまり人形同士が 録音された映画の台詞を再生しているかのように完全であるのに 生々しさがなく 茶番にしか見えないということ

わたしはしばしば台詞を読んでいるような錯覚がある

Remove all ads